SOLIDWORKSでリバース業務を完結
サーフェスを効率良く作成し、素早く高品質にCADモデリング

         

  

Mesh2surface for SOLIDWORKSとは

Mesh2Surface for SOLIDWORKSは、3DスキャンしたメッシュデータをCADモデルに変換することができるリバースエンジニアリングに特化したSOLIDWORKSのプラグインソフトです。サーフェスや曲線を効率良く作成し、素早く高品質にCADモデリングする機能を備えています。

SOLIDWORKS上でリバース業務を完結できるため、慣れたインターフェースで作業できるほか、他ソフトとのデータ互換の煩わしさが無く作業時間の短縮に繋がります。

自動サーフェスですぐにCAD化

SOLIDWORKSで操作が完結

コストを抑えて導入できる

     

主要機能

      

幾何形状の抽出

平面、円柱、円錐、球の形状をメッシュ上から抽出し、SOLIDWORKSで使える参照ジオメトリ、サーフェス、またはソリッドボディを作成することができます。

     

スキャンデータの位置調整

抽出した幾何形状から座標系を指定してスキャンデータを好きな座標に整列できます。また、スキャンデータを既存のCADモデルに対してフィットする座標に整列することもできます。

     

2D断面図

スキャンデータから好きな平面で断面を切り取り、2Dスケッチに活用することができます。切り取った断面からは線・円弧・円などの扱いやすいスケッチ要素に変換できます。3D設計での参考スケッチはもちろんのこと、2D図面を書く際にも使える機能です。

     

偏差アナライザー

偏差カラーマップを使用して、精度を確認しながらリバース作業を進めることができます。あらゆるSOLIDWORKSボディから参照スキャンデータといつでも比較することができます。

     

自動サーフェス

ボタンを押すだけでSOLIDWORKSと互換性のあるサーフェスを作成でき、スキャンデータを自動ですぐにCAD化できます。
とりあえずCADデータとして欲しい場合や、手動でのモデリングが難しい場面で活躍します。

       

※動画は英語表記ですが、本製品は日本語表記への切り替えが可能となっております。

     

機能一覧

機能

Mesh2Surface Premium for Rhino

Mesh2Surface for SOLIDWORKS

ブラシ選択ツール

平面、円筒形、球のシェイプ作成

幾何形状の拘束設定

押し出し、回転、パッチ

自動領域分割

座標の位置合わせ

座標の基準点位置合わせ

座標のベストフィット

対象面の定義

3Dスケッチ

断面の2Dスケッチ

2Dスケッチの拘束設定

偏差解析

フィレット測定

ゼブラマッピング

クワッドサーフェス

メッシュへのスナップ

ガムボール

オートサーフェス

点群データ(PTX)のインポート

      

ライセンス/保守について

  • 永久ライセンス
  • クラウド運用の設定を各PCで行えば複数のPCで使用可能
    ※ライセンス数を超えての同時起動は不可となります。
    ※クラウド運用時はSOLIDWORKS起動時と終了時にネットワーク接続が必須です。
  • オフライン環境でのスタンドアロン運用も可能
  • 初年度の保守はご購入時に付与
    ※保守にご加入いただくと、アップデートによる最新版の利用が常に可能です。
    ※次年度以降は任意でのご加入となります。

動作環境について

  • SOLIDWORKS 2017以降
  • CPU:Intel Corei5以降、またはその他メーカーの同等品
  • RAM:16GB以上
  • HDD:256GB以上
  • グラフィックカード:NVIDIA または AMD

評価版のお申込み・御見積りのご依頼

     

チュートリアル動画

Mesh2Surface for SOLIDWORKSの使い方を学んでいただけるチュートリアル動画をご用意しております。
下記よりご覧ください。